原因別不妊 - 女性編|不妊相談の4割が40代以上|大阪の堺中央薬品店

原因別不妊 - 女性編

婦人科疾患がある

子宮筋腫、子宮内膜症、チョコレート嚢腫、卵巣嚢腫、多嚢胞性卵単症候群、高プロラクチン血症…。
これらの疾患があっても妊娠には問題がないと言われる場合があります。
自己免疫の体質や原因は確定されにくいですが、主にストレスやお血(血の滞り)によって腹部に血流障害が起きやすくなり、免疫機能が低下したりホルモン分泌が 低下して婦人科疾患発症リスクを高めます。
このような基礎婦人科疾患があり妊娠を希望される場合、血流を改善してくれる漢方薬や、自然治癒力が高まる温療法がとても身体を癒してくれます。

堺中央薬品店では、婦人科疾患があって治療結果が出ずご来店、その後妊娠される方がとても多いです。
高度治療をされる場合、治療費が高額になり体質改善まで費用をかけられなくて…とご相談いただくこともありますが、体質改善なしで高度治療をして結果が出ず、その後体質改善を併用されると約70%の方が妊娠されるデータもあります。

ご相談の流れ >>

自己免疫疾患、甲状腺疾患

最近、特に増えているご相談の一つです。 自分の細胞を異物として攻撃してしまう疾患や、甲状腺ホルモンの分泌が安定しない体質の方が増えています。 このような疾患があり妊娠を希望される場合、流産を繰り返してしまうことも多くあります。

堺中央薬品店では、慢性疾患の方の妊娠前・妊娠中・産後のケアもしっかりご提案、ご相談できます。
ご本人が気づかず、カウンセリングにて検査をお勧めしてご自身に慢性疾患があることを知り、その治療と体質改善を始めたら、妊娠!という方もいらっしゃいます。

先輩ママたちの症例やお声、経験談 >>

卵巣機能低下(AMH0.1以下)

妊娠が難しくなる卵巣機能低下。
最近では、35歳未満の方でもこのAMHがとても低いというご相談が増えています。
「卵子の老化」とも言われますが、その原因は卵子細胞活性の低下や受容体の反応が低下、卵膜が固い…など様々です。
卵子の質は上がりますか?卵子が取れるようになりますか?と聞かれることもよくありますが、答えは「YES」。
AMHが低いというのは、卵子がすべて老化して良くないことではなく、妊娠までたどり着ける卵子の数が減っていると考えるほうがいいのかもしれません。

堺中央薬品店では、年齢を重ねているのに卵巣機能が高くなった!と経験される方はたくさんいらっしゃいます。
漢方薬を継続され体質改善をしっかりされると卵巣機能は低下するどころか別人のように変わる方もいます。
卵子の中にだって元気だけど自己主張が上手でなくて、おとなしく精子を待っている卵子だっているのです!

先輩ママたちの症例やお声、経験談 >>

年齢が40歳以上

一般的には40歳以上の妊娠は着床しにくく、また流産や中毒症などのリスクがあり、出産までは難しいとされています。
ご自身に合った漢方薬服用や温療法をされると、されない方よりも40歳以上の流産率は20%も低下します。

堺中央薬品店では、40歳以上の方でも漢方や温療法などの体質改善でたくさんの方が不安なく妊娠出産されています。
それは、妊娠への不安や出産トラブルがないようカウンセリングでお一人おひとりに合ったきめ細かいお話や選薬のサポートをさせていただいているからです。

先輩ママたちの症例やお声、経験談 >>

不妊治療は一辺倒の治療が多く、『私に合った治療』をしている!と実感している方はとても少ないです。
子宮や卵巣、精子状況はお一人おひとり異なります。また日々変化します。
堺中央薬品店では、お一人おひとりの環境・症状・状況を踏まえ、漢方選薬や温療法に加え、さらにその効果がより高まるように食事改善や生活改善指導のサポートをマンツーマンで行っています。
身体の内側と外側から妊娠しやすい身体作りができるようカウンセリング、ご提案させていただいています。
難しいご説明はご相談予約の上ご来店ください。
症状と体質によって納得いただけるようにきちんとご説明いたします。

  • 妊娠が難しい・・・と言われた方の症例 詳しく見る
  • 日々の任活ポイントブログ

原因別 不妊

  • 女性編
  • 男性編・ご夫婦編
  • ご相談の流れ
  • 温活療法について
  • よくあるご質問
  • ご相談予約
  • お問い合わせについて
  • HOME

アクセス詳細

堺中央薬品店

店舗写真
〒591-8025
大阪府堺市北区長曽根町3079-6
TEL 072-257-2240
FAX 072-257-2240
営業時間 平日9:30 〜 19:00
土曜9:30 〜 13:00
(事前にご予約いただければ13時以降も対応いたします)
定休日 日曜・祝日